まさかね…

誰にも言えない秘密を吐き出したくて…基本ひとり言です。

心のデトックス

なんて書くと、ちょっとカッコいい?(笑)


でも現実は、そんなカッコいいものとは程遠い…

要は、毒吐き。

心に溜まった、汚いどろどろの、真っ黒な感情を吐き出したい。


でないと、もう胸がつかえて苦しい。

浄化したいよー💦


大好きだけど…

大嫌い….


そんな彼の嫌なところ、書いちゃう。


嫌いなところも含めて、まるっと

苦笑しながらも、すべてを受け入れられる

そんな海のように広く深い、心を持ちたい。

持ちたい。持ちたい。持ちたい。


言霊?

毎日ぶつぶつ呟いていれば、少しはそうなれるかな…

なれなくても、近づきたい。

せめて近づきたい。


その為には、一回デトックスしないと…しなきゃ…したい…


いっぱい!悪口書いちゃう!(笑)


好きだけど、嫌い

大好きなのに…大嫌い…

舌の根も乾かぬ内に…

そんな、言い回し?ことわざ?が、あるけれど

まさに今の私に、ドンピシャ当てはまる言葉かと…


彼とのお別れを覚悟して、泣いて泣いて、干からびるほど泣いていたのはわずか数日前。

でも彼は、別れるなんて考えはなくて

この世の終わりかと思うほど、私が泣いて過ごしていた数日間

いつもと変わらない日々を過ごしていた彼。

私が泣いて眠れなくて食べれなくて、別れを覚悟していたなんて、思いもしなかったようで

本気で目を丸くして驚かれた💦

そして、そのあまりの温度差に、私が驚いた💦


おかげ様で別れずに済んだけど、逢瀬を少し控えることにした私達。

ここの皆さんにも迷惑かけて、あんなに辛い思いをするのは、もう御免だ… 二度としたくない。

それを思えば、会う時間が減るくらい、それがなんだ!!!!!


我が儘と欲張りが過ぎた自分、相手を思いやる気持ちを忘れた自分を、大いに反省して

気持ち入れ替えたはずなのに…はずなのに…


あれっ??

もう、私。元に戻ってる…??


会いたくて会いたくて、なのに思うように会えなくて、連絡がないことに、不満を感じ始めている。


やっぱり、まったく次の約束がない、約束までいかなくても、目処でもいい。

それすら何もないのは、気持ちが不安定で仕方ない。


彼は、時間ができたり、会いたくなったら連絡してくる。

だから、私にもそうすればいいと言う。

会いたくなったらメールしていいよ。と言う。


そんなこと言ったら、私は毎日でも会いたい。

休みの日は、朝から晩まで会いたい。

でも現実、そんなの無理。

メールして、断られるのは嫌だ。

傷つくもの。

傷つきたくないもの。

実際、滅多にしない私からの逢瀬の誘いを、断られてるから。

断りの理由が、家庭だから。


奥さんを迎えに行くから…

そんな理由言われたら、もう何も言えないよ。

イヤミのひとつも言いたくなるのを、ぐっと堪えて

わかった…そう言うのが精一杯。


だから私からは、逢瀬の連絡はしない。

モヤモヤしながら、連絡を待つ。


そうして、また…不安と不満が蓄積されていくのだろう。

進歩ないなぁ….


ついこないだ、あんなに心入れ替えたはずなのにね💧



こういうの、「舌の根も乾かぬ内に….」って言うのかな….


暗いな、私。

身近にいたっ!

ダブル不倫が、バレてしまった人が身近にいたことを、最近知った。


職場の50代の男性社員さん。

仕事上、私は直接関わらないので、挨拶と世間話程度の会話しかしたことないけれど、

冗談好きで面白い、ごくごく普通のおじさんです。


でもじつは、このおじさん(笑)には、秘密があって…


人妻パートさんと不倫をして、それがパートさんの旦那さんにバレて

職場に旦那さんが乗り込んできて、それはそれは修羅場だったそうな…((((;゚Д゚)))))))


そんな過去を持つおじさんなのです💦


私が働く前の話だし、今では暗黙の禁句となっているようなので

当時のことを知っている人達も、普段その話題に触れることはないのだけれど

たまたま偶然、チラリと聞いてしまった…


その日、仕事で必要な物を倉庫の奥で、ひとり探していた私。

すると、倉庫の隣にある喫煙スペースで話す、男性社員の会話が聞こえてきた。




社員A 「○○さんが、降格させられた理由知ってたっけ?」


社員B 「あぁー、知ってます。不倫バレですよね。」


社員A 「そう。パートさんとダブル不倫。」


社員B 「ヤバいっすね〜。旦那さんが乗り込んできたんですよね?」


社員A 「そうそう。すげー!鬼みたいな顔で怒鳴りこんできて、まじ修羅場…」


社員B 「ヒェ〜!恐ろしい〜!」



じっと物音立てずに気配を消して聞いていた。

そして笑いながら彼らの声が遠のいた。


うそっ…


あの、どこにでもいそうな普通のおじさんが…


ダブル不倫?!


信じられなかったけど

考えたら、私も普通のおばさんだ。

彼も普通のおじさんだ。

どこにでもいそうな普通の中年ふたりだ。


案外、そんなものなのかもね。


不倫=美男美女


決してそうではない。


普通の顔して普通の生活して、何事もない風を装いながら

もうひとつの秘密の顔を持っている。


知ってしまってから、おじさんを見る目がすっかり変わってしまった。


やるなぁ〜って(笑)


でも、その裏で、修羅場の後はどうなったのだろう…

そんなことを考えてしまう。

お別れしたのだろうか…?

まだ続いてる…?


そして名前も顔も知らないパートさんはどうしているのだろう…

旦那さんに責められたのだろうか…?

たくさん泣いたのかな…?

離婚してたり…?


私が知る余地はないけれど、

修羅場のまま、無理やり引き離されてたら哀しいな….と。

結果はどうであれ、ちゃんとふたりで話せる時間が持ててたらいいな….とか。

勝手にそんなことを考えてる私💦


大きなお世話ですね(笑)